トップキャラクター
〒263-0003 千葉県千葉市稲毛区小深町121-4 TEL 043-424-6120 FAX 043-424-6122
千葉市保健所 飼養(収容)許可番号:稲-24 動物取扱業番号 販売:1011 保管:2011 topcharacter-mail

第5章 終りはない

気がつけば私は人生の半分以上を、ボストンテリアたちと暮らしてきたことなります。生があれば死があって。しかし、どの子たちも自分が生きて、そして共に歩んできた足跡を残し、その役目を全うして逝きました。孫やひ孫たちに、その面影を確かに見ることができます。そしてまた、その面影を求め、終わりのない旅は続くのです。

For The Future 未来のために

ボストンテリアのスタンダードという言葉には、たくさんの定義がありますが、ボストンテリアのスタンダードに限っていえば、それは唯一「どのくらい資格条件を備え、優秀性もしくは完成度が高いか」ということです。ブリーディングやスタンダードには、解釈上の議論の余地がほとんどありません。唯一のバージョンがあるのみです。

それは我々の解釈ではなく、そしてあなたの解釈でもなく、                正しい解釈はただ1つです。

ボストンテリアのスタンダードは12のセクションから構成されていて、それらはブリーディングには大切なものとなっています。もし、将来または現在ボストンテリアのブリーダーを目指している人や多少なりともブリーディングにたずさわっている人は、最低限のルールは守るべきだと私は考えます。

過去において、国を問わず多くのブリーダー達が努力に努力を重ね、また年月を費やし守り育ててきたものを、何の理解もせず、営利のみの目的や、ただ可愛いから、好きだからという理由のみでブリーディングして、本来の姿やテンペラメントを消してしまった個体をどんどん作出してしまっては、決してボストンテリアのためにはならないのです。真にボストンテリアを愛し、そして信頼するならば、ペット用、ショー用の区別はなく、せめてスタンダードの定義くらいはしっかり理解しブリーディングするべきであろう、と考えます。

私の最も愛すべき言葉として、アメリカのボストンテリアのブリーダー、Mr.ジョゼフ・バルマーが何十年前も前に美しい言葉でこう語っています。「私たちは過去を受け継ぎ、未来に託すものである。」と。この言葉を思い出すたび、現在の私たちは未来への通過点でしかないと思います。

一通過点である私達は、それをねじ曲げたよくない形で未来に託してはいけないのです。私たち”通過点”がなすべき事は。スタンダードはブリーダーを保護し改善する手助け。ですから、そのスタンダードを守り続けることが私たちの義務だと思っています。

ボストンテリアは活発で、高い知性、なめらかな毛並み、短い頭、コンパクトにまとまった全体、短い尾を持ち、ブリンドル、シール、あるいは黒いカラーで均一な白い模様を持っている均整のとれた犬である。頭部はイヌのサイズと均整がとれていて、その表情は高い知性を示している。」

そして「ボストンテリアは友好的で愛らしい犬種である。飼育者が素晴らしい気質と最高の知性を持っていれば、ボストンテリアは並ぶ者のない最良の伴侶となる。」(アメリカナショナルクラブスタンダードより)

最低このくらいの理解は示して、ブリーディングに臨むべきではないかと思います。

トップキャラクター
トップキャラクター www.top-character.com ボストンテリア
(c)TopCharacter