トップキャラクター
〒263-0003 千葉県千葉市稲毛区小深町121-4 TEL 043-424-6120 FAX 043-424-6122
千葉市保健所 飼養(収容)許可番号:稲-24 動物取扱業番号 販売:1011 保管:2011 topcharacter-mail

第1章 出会い

私が初めてボストンテリアと出会ったのは今から30年近くも前の事です。その犬は決して健全といえる子ではありませんでした。誰も最初からブリーダーになろうと思って犬を飼い始めるわけではありません。私とボストンテリアとの関わりもそんな感じでした。最初の子は「ベス」、たまたま通りがかったペットショップで見つけました。いかにも売れ残りの様子でガリガリに痩せいて、その上皮膚病まで患っているようでした。あまりにもかわいそうになったので連れて帰ることにしたのです。

ベスは正直いって”最悪の犬”でした。性格は悪いし、噛むし、私以外の人は一切寄せ付けない。しかも、次から次へと出てくる大小様々な病気・・・。ベスと暮らした8年間は毎日が勉強、そして、試練だったと思います。でも、当時はベスのようなボストンテリアが当たり前でした。多頭飼いは出来ないし、他の犬と遊ばせるなんてもってのほか。獣医さんに連れて行っても嫌がられたものです。

しかし、1つ1つの困難を乗り越えて行くベスとの暮らしの中で、時たま垣間見せる豊かな表現力や愛情深さに、出来ることなら健康で性格の良いボストンテリアを将来自らの手で作り出したいという思いに至らせることになりました。そしてそれは「無謀」という名の扉を、自らノックしてしまった第一歩となるのでした。


当時のボストンテリア事情の中、ベスが2歳の時、性格の穏やかなマミが私の2頭目のボストンテリアになりました。マミは2歳の時、私に4頭の子犬を授けてくれました。その中の1頭が性格も可愛く、体躯のしっかりしたクリスです。この子がTop Characterの原点です。あともう1頭のアリサも少しクリスに比べると小振りでしたが、性格の穏やかな子でした。4頭を6か月まで手元に残し、性格や発育を見ながら育てて行くうちに色んなことが見えてきました。やはり後の2頭は性格に多少の問題がありました。避妊と去勢をして、説明をし知り合いに貰ってもらいました。

クリスやアリサのような子が生まれると、またその子たちの子供が見たくなりました。人伝えに一生懸命オスを探しました。もちろん性格の良い子をです。そしてクリスが2歳の時、生まれて来たのが初代チャンピオン「アフロディーテ. オブ. トップ. キャラクター」でした。アビサと名付けた彼女は、愛らしい容姿と性格で一世を風靡しました。アビサの思いの外高い評価は、私にブリーディングの面白さを教えてくれました。

当時、私が不思議だったのは「何故、こんなに可愛いのに頭数が居ないんだろう?」調べてみると、やはり気性の荒さが災いして、飼いにくい犬種という印象を持たれていた様です。「性格が良くなければ家庭犬として飼えない。」誰からも愛され、親しまれる犬を作りだそう、と無謀にも考え、本格的な勉強を始めました。しかし、今のようにインターネットがあるわけでもなく、資料ひとつ集めるにも大変な思いをしました。まず、性格の良い血筋の選択に始まり、過去6世代を研究し、選別交配を繰り返し、8年かけて性格を改良をしました。しかし、また新たな課題が出てきたのです。

トップキャラクター
トップキャラクター www.top-character.com ボストンテリア
(c)TopCharacter