トップキャラクター
〒263-0003 千葉県千葉市稲毛区小深町121-4 TEL 043-424-6120 FAX 043-424-6122
千葉市保健所 飼養(収容)許可番号:稲-24 動物取扱業番号 販売:1011 保管:2011 topcharacter-mail
Boston's Family
トップキャラクターボストンテリアの家族たち
小さな命はなんの意味も持たずには生まれてこないすべての命は幸せにと祈らずにはいられない。
トップキャラクターのボストンテリアのオーナー様から届いた嬉しいお便りとお写真です。
このページに掲載ご希望のオーナー様は写真を添付したメールをお送りください。
    メールアドレス:owner@top-character.comまで(@マークを半角にしてください)

小さなレディがやって来た!

ボストンファミリー

犬を飼うならボストンテリア!と我が家で決定したのは去年の冬でした。まずは信頼できる良いブリーダーさんを探そうと思い、『生まれました』の文字を見つける度に色々なブリーダーさんに連絡をしていたのですが中々納得がいく所が見つかりませんでした。

やっぱりフレンチブルドッグを探そうか・・・なんて思い始めた時にやっとボストン専門のトップキャラクターさんのサイトを見つけ、すぐに連絡するとちょうど迎え入れたいと思っていた時期に仔犬が生まれる、との事!何度かメールでやりとりさせて頂いてから、ワクワクしながらトップキャラクターさんにお伺いしました。

川本さんに色々な質問をし、質問をされ2時間程お話した後、奥から手のひらに乗せられてやって来た仔犬。目がキラキラして表情豊かで、私たちの想像以上に可愛くてびっくり!すぐにその仔犬を新しい家族にする事を決め、レディと名付けました。

その一ヵ月後、待ちに待って我が家に来たレディは怯える事もなくすぐにその愛くるしい表情を私たちに見せてくれました。一日中見ていても飽きない可愛い仕草。思っていたよりずっと賢いし、思っていた通りのやんちゃっぷり。毎日色々な表情や思いがけない行動で私達を驚かせたり、暖かい気持ちにさせてくれたり。レディは私達に目には見えない素敵な贈り物をくれています。

まだまだ本当のレディには程遠いけどこれから少しずつ、(出来ればゆっくり・・・)一緒に成長していこうね。

ボストンありさと私

ボストンファミリー

十数年前、パグから始まった犬との生活。パグの姫ちゃんが赤ちゃんを産み子育てに手助けがいらないほどの細やかな愛情をそそぐすばらしいお母さんぶり、すごいな~と感心したものです。

2ヶ月が過ぎ、子犬たちが旅立った後、ピアノの下まで子犬を求めて探してのぞき込む姫ちゃんの母親の愛に、申し訳なく思った事を想い出します。

鼻ペチャつながりで、どうしても欲しかったボストンテリア、まだ身近で見かけることもなく、ペットショップでかなり大きくなった、ちょっとへんなボストンを見ただけ。

「愛犬の友」でトップキャラクター川本さんを知り、早速電話を入れました。私のストレートな質問に苦笑しながら答えてくれた川本さん。ちょうど良いタイミングで程なく手元に届いた、ウンチまみれになりながら、決めていた名前「ネネちゃん」の声かけに可愛く首をかしげるボストンが後のこの上ない相棒音々ちゃんとの出逢いでした。

音々ちゃんは、姫ちゃんが私にくれたプレゼントなのです。そして「愛犬の友」は、私にトップキャラクターとの出逢いをくれた雑誌なのです。その後姫ちゃんにも勝る深い愛を持って、音々ちゃんもたくさんの子犬たちを育てました。私の自慢のボストンなのです。

音々ちゃんから始まったボストン達との毎日。音々の子、ゼロ君、大きな身体でミスカラー、おまけがついてブルーアイ、でもとてもかわいいったらないのです。とても穏やかな性格、豊かな表情、最高です。それにパグ2頭、そんな我が家に待ちに待ったショードッグありさがやって来ました。またまたかわいい~~~!先住犬の音々とゼロが本当に優しく迎えてくれた。親に甘えるように、仲間入りするありさ。山登りをするように頭や身体によじ登り、川の字に眠った。新入りのすることすべてを許して受け容れてくれる先住犬。その様子を飽きることなくながめる私。そんな幸せの数ヶ月、可愛い盛りのありさですが、ショードッグありさデビューのため、修行の旅に川本さんの元へ。早く帰っておいで、と言い聞かせ、泣き泣き出した。何しろ可愛い盛りですから、1年近く私の手元を離れ、その間4回くらい会えたかな。抱っこもできた。その都度、これが私のありさなの~と思えるほどに変わっていった。

顔もボディも。晴れてチャンピオンとなり、ありさが帰ってきました。ずっとこの家にいたかのように何も変わらない態度で、前に使っていたヒョウ柄のクッションにジャンピング。でも大きく変わったんだよありさ、あんなに可愛がってくれた音々ちゃんがいないでしょう。全てのことを何事もなかったかのように受け容れられるありさ、あんた達はえらいね~!そんなありさも、この度お母さんになりました。誰に教えられてくるのでしょう。それは立派なお母さんぶりなのです。これからも穏やかに楽しくやっていこうね。よろしく頼むよ。私の相棒達。

アニーとの出逢い

ボストンファミリー

私たちは以前から、常々「犬と友にくらしていきたい」という想いを話し合っていました。そのため結婚してからは、家族となる犬を探し出すことが大切な課題として存在してきました。様々な犬種が候補に挙がっては消えていく中で、ある時、ふと頭の中に「ボストンテリア」という名の記憶が甦ってきました。はっきりとは想い出せないくらい昔に目を通したことのある雑誌の中で、白と黒の被毛、鼻ペチャ、輝く愛らしい瞳に愛嬌のある表情で写っていたボストンテリア!「新しい家族にはボストンテリアを迎え入れよう!」何かに後押しされるように、私はそう決意しました。

あの瞬間を、大げさではありますが、今でも奇跡のように思うことがあります。その後、トップブリーダーの川本さんと出逢える二度目の奇跡の後、2年前の9月13日、私たちの元に、愛すべき家族、アニーがやってきました。アニーと出逢えたことは、私たち人生の中でもとても大きな出来事となりました。これからの日々も、家族の一員であるアニーと共に暮らしていけることを、本当に幸せに思います。Anny My Love!

チェリーとの出逢い

ボストンファミリー

私の家はチェリーが初めてのボストンではありません。若いときから犬は大好きでボクサーをショーに出したりして楽しんできましたが、一時期仕事の関係やもろもろで犬との生活から遠ざかっていました。そしてまた、犬が飼える環境になったとき、昔から欲しかったボストンをと探しました。

そして、見つけたのがペットショップで見つけた随分大きくなっていたHappyでした。そして、Happyのお婿さんと迎えたのが川本さんから来たBobでした。空港に迎えに行って、まずびっくりしたのがHappyと同じ犬種?と思ったことでした。やんちゃで好奇心旺盛なBobに振り回されながら、病気がちなHappyとの生活が始まり、BobはChになり、Happyとの間に子犬には恵まれませんでした。

そして、迎えたのが、やはり川本さんから来たさくらでした。やはり同じ所から来たからでしょうか、Bobとは相性が良く、赤ちゃんで随分楽しませてもらい、さくらもChになってくれました。私たち夫婦は、また新しい子が欲しいね、という話になり、また迎えることになったのがチェリーでした。真っ黒な目で、なんと可愛い子とおもったのですが、この子は今までの3頭とは違う楽しみを私たちにくれました。なんせ起きているときは悪魔、寝ているときは天使、という兵でした。でも、ショーではベストインショーを取って楽しませてくれたり、また気ままな性格で負けたり随分楽しませてくれています。次はチェリーがどんな楽しみと驚きをくれるのか、それが楽しみです。

ドーソンとの出逢い

ボストンファミリー

2001年春。私は骨折して入院していました。以前から犬が欲しかったので、病院のベッドの上で犬の図鑑やカタログを毎日見ていました。そうしてなんとも憎めない顔をしたボストンテリアを知りました。主人はこんな顔じゃ愛せない…とつぶやいていましたが、退院したらボストンテリアを飼うんだ!私はそう決めていました。退院して手にした保険金を握りしめて沢山のペットショップを巡りボストンテリアの子犬を見て回りました。どの子犬も何か違う・・・。どうして?「図鑑で見たボストンは欲しいけど、ペットショップで見たボストンは欲しいと思わない」と主人に云ったのを覚えています。

そんな悶々としていたある日、主人があるペットショップに連れて行ってくれました。それが後にドーソンをドッグショーの訓練で託したプロのハンドラーさんのお店です。看板にはペットショップと書いてありましたが、広い店内には犬はおいていません。希望の犬を探してくれるお店でした。まだスタンダードなんて言葉さえ知らなかった私の要望は「かわいいボストンテリアをください!」でした。

それから6ヶ月が経ったころ、クリクリとした大きな目のとてもかわいい子犬が我が家にやってきました。これが私たちとドーソンとの出逢いです。一つだけ誤算だったのは、私が意気込んで握りしめていた保険金では足りなかったと云うこと・・・。あれからもう何年も経ちますが、ドーソンが家族の一員になってから我が家には毎日笑顔が増えています。

ありがとう、ドーソン!

フーパーが家にやってきた の巻

ボストンファミリー

ボストンテリアという名前を初めて知ったのは「イヌは訓練されて初めて犬になる」という本でした。はじめて見た姿はいかめしい感じのビミョ~に怖いお顔のボストンでした。探し始めて半年、ようやくたどり着いた川本さんのお宅で見たボストン達に私たち夫婦は虜になってしまいました。主人はいきなりケージの前にしがみつき、顔に縦線がつきそうな勢いでした。その時、ケージにいたパピーの中に、我が家に来たチャーリーがいたのかもしれません。(運命を感じるな~これはまた後々のお話しです。)

そして、待ちに待った1999年8月28日、フーパー(♂)がやってきました。5頭兄弟だったのに、突然ひとりぼっちになってしまったので、主人が1週間育児休暇を取りました。その甲斐あってか二人の絆は未だ深く結びついているそうです(主人曰く)。フーパーは額のちょうど真ん中に仏ほくろがあり、寝顔は仏様のように穏やか・・・が、起きるとちびっ子ギャングでした^^;。おもちゃが大好きで、遊んでもらうまでスリッパを放さず!遊び疲れるとコテッと熟睡、ケージに入れると出せとワンワン吠えまくり!フーパーが寝るまで私もケージの横にお布団を敷いて添い寝しました。当時私たちは共働きだったので、ちびっ子フーパーは昼間寂しいお留守番をよく頑張ってくれました。フーパーが我が家に再び幸せを運んでくれたのです。

ジンジャーのこと

ボストンファミリー

我が家は共稼ぎで朝から晩まで完全留守。プラス集合住宅と来れば、犬選びの条件は超限定的。留守番可、低騒音、小型軽量、都会的に可愛く(←ここ重要)・・・って、んな都合の良い犬いるか?アイ○にしなさい、ア○ボに。確かに我が家には○イボもある。でこまる「狆なんかどう?」ぽよちん「やだ」でこまる「。。。」いや困った、てとこに、いましたよ。ボストンテリアってが。でこまる「じゃこれは?」ぽよちん「いいね」でこまる「…(狆の毛を短くしただけでは?)」そんなこんなで、川本さんのお宅に行きましたよ。「なんて丸いデコだろか」生後1ヵ月余の子犬を手渡された時の印象は、概ねこんなカンジ。それから数週間後に“ジンジャー”と呼ばれるようになるその子犬は、膝の上でスヤスヤと電池切れ。いやホントに可愛いなー、ってこれじゃ帰れんよ・・・おい。

まめとの出逢い

ボストンファミリー

2年前の8月の残業中、川本さんからの電話が鳴った。「生まれたよ!2週間経って元気だから電話しました。時間が良いときに会いに来たら?」「本当ですか~?」職場で思わず大きな声を出してしまった。でも、それくらい嬉しかった!約束の次の週の日曜日、初めてまめとの対面。「はい」と手渡されたその子は小さくて、手の中でミイミイと鳴いていました。「ほぁ~」と2人でため息をつき、もううっとり。この子がまめなんだ!と初めての実感でもありました。と、しばし私たち家族だけの時間を与えてくれた川本さんが部屋に戻ってくると、第一声は「その子でいい?」この質問に「この子が良いです!」とお返事し、晴れて命名「えんどう まめ」の誕生です。

それから2ヵ月後、まめがうちにやってきました。初めての対面よりは大きくなってるものの、まだまだちちゃいまめ。初めてきたうちに慣れない様子で、サークルに入ったり出たり。その一挙手一投足を見逃すまいとあまりにじっと見ている私たちをまめも不思議そうに見ていました。しばらくすると落ちついたのか座っている私たちのお尻にぴとって自分のお尻を付けて寝始めました。なんといわれようともかわいい!初めてのトイレも完璧で、その時もまた二人で「て・天才だぁっぁ!」と思ったものです。聞けば、お友達のうにちゃんもちゃんとできたとか・・・。もう周りを省みないほどの親ばかぶりです。

それから1年後、まめと私は犬の障害物競走「アジリティ」を始めました。短頭種でのアジリティ犬が珍しいし、ましてやボストンテリアには不向きでは、と皆さんに言われますが、なかなかどうして頑張っています。もともとの活発さ、利発さでほとんどのタッチ障害を怖がらずにこなします。そしてなにより、武器になるのが足の速さ。目指すは「アジリティチャンピオン」です。我が家は共稼ぎなので、まめはほぼ1日お留守番になるので、そのストレス発散にもアジリティはぴったりのようです。さて、ここまでまめ自慢でしたが、やはり私たちの手に渡るボストンが心身共に健康な子であるということが一番の自慢でしょうか。川本さんはそれに力を注いでおられますし、また丹誠込めて、一頭一頭愛情を持って育てられた子だからこそ、どの家庭に行っても順応していけるのだと思います。私は心配性で、朝は6時から夜中は12時まで「まめが!」と電話相談をしてきました。「電話相談件数No.1」の異名を持つ我が家ですが、やはり相談できるところがあるというのは、大きな強みだと思います。

まめとの生活も2年が過ぎようとしています。まだまだやんちゃで、そして日々、違うかわいさ、賢さを発見しています。これほどまでに表情豊かで、愛情豊かな犬はいないのではないでしょうか。

タズとの出逢い

ボストンファミリー

奥の部屋から抱っこされてきた子犬は、両手の平に乗ってしまうほど小さく、本当にぬいぐるみのようだと思いました。「抱っこしてみますか?」そういって膝の上に乗せてもらった子犬は思っていたより頼りなげで、あくびとしゃっくりを同時にして、私の手に吐いてしまいました。ちょうどご飯を食べたばかりと聞いていたのですが、なんてタイミングの悪い子なんだろうと思いました。この間の悪さは今でも変わらないのですが、私たちは一瞬のうちに心を奪われてしまいました。「この子に決めます!」それがタズでした。タズが我が家に来てから、生活の中心はタズになりました。毎日新しい発見があり、この子らしくのんびりな成長をしていく中で、今思い返せば笑ってしまうようなことで真剣に悩んだりしていたけれど、その心配事が解決するたびに喜びも増しました。

てっちゃんとの出逢い

ボストンファミリー

その日の朝、待ちに待った電話が鳴りました。私は着信名を見て緊張して裏返った声で「はい、はーい」おばさん(川本さん)の「朝からごめんなさい、生まれましたよ」の声そのあとその子の血統の話などをしていただいたのですが、舞い上がってしまい、もう~上の空です。それから何度も成長過程を写メールしていただき「てっちゃん」と名付け、どんどん大きくなるわが子に会いたくて仕方がありません。見に行くことをお願いして、生まれてまだ1ヵ月のてっちゃんと初対面です。隣の部屋から連れてきてもらいハムスターくらいの大きさで床の置かれるとてっちゃんは突き当たるまでどんどん進む。行き止まると向きを変えまた進むを繰り返し。おばさん(川本さん)に捕らえられ主人の膝の上にポンとのせてもらうと、やはりてっちゃんは行けるところまで行く、という行動で上りやすい何段かになったお腹をはい上がりあっという間に首の裏側まで到着。私はひとり舞い上がったテンションで必死にビデオだ、今のはシャッターチャンスだとバタバタ。てっちゃんは首の裏側で大空に向かって飛び立つテントウムシのように…落ちそう。「あー危ない、きちんとつかんで」と叫ぶ私。子犬に触れた事のない主人はどう抱えたらいいのかわからずあたふた。そこでおばさん(川本さん)に抱かれ一件落着。「ふー良かった、つぶしてしまいそうなので、お部屋に返してあげてください」と云ってしまい、またしばしお別れです。車で千葉から自宅の神戸まで帰る9時間ずっと「すっごくかわいかったぁ、あんな可愛い子見たことがない」と親ばか炸裂な2人は大満足の初対面でした。

てっちゃんの部屋6月15日生まれ、まだ柿家に来てホヤホヤの子犬、最初の1週間は寝てばかりいたのですが、今ではボストンテリアの本領発揮!このオオモノぶりにはこれからの日記で見てあげてくださいね。そして皆さんに一番紹介したい我が愛しの長男坊トンチ君です。トンチはてっちゃんとは全く血がつながっていません。ペットショップで売れ残っていたのをただただ可哀相という思いだけで衝動買いしてしまいました。生後5ヵ月のボストンテリアです。トンチの赤ちゃんの時はわからないのですが、てっちゃんとは別の犬種?と思うほど性格が違います…・てっちゃんの天真爛漫な姿を見ていると癒されて口元が緩みます。そして、トンチ君だったらどうしてたかなぁ、と思うと今でも自分に悔しくてトンチに会いたくて涙がとまらなくなります。(てっちゃんが心配してきてくれます。ごめんね、てっちゃん)涙っぽくなりました~。すいません!気を取り直して。トンチのおかげで大好きなてっちゃんにも出逢えたし、あの川本さんの大切なお話しも決める(いつも長電話をしてすいません)。改めてトンチ、ありがとう!

「イギー」

ボストンファミリー

知人に勧められて読み始めたマンガにボストンテリアが出ていて、まわりで飼っている人もなく、ずっとボストンテリアが気になっていました。犬を飼うならボストンテリア、と思っていたときに、日本で一番のボストンのブリーダーさんを紹介していただけるチャンスに巡り会いました。初めて触れた子犬はとろけてしまうほど可愛かったのですが、奥の部屋で黄色い鼻水を1本垂らした1頭のボストンに私たち夫婦は惹かれていました。「あの子を譲っていただけないですか?」何も考えずに言葉が出ました。初対面の私たちを信用していただき、気持ちよくその子を譲っていただく事になりました。彼の名前はマンガと同じ「イギー」と決まりました。思っていた以上の賢さ、可愛らしさ、その日から彼は家族の人気者になり彼無しの生活は考えられなくなりました。あれから5年、色々あって今では4頭のボストンが家にいます。

ボストン・ファミリー
レディのママ
ありさのママ
アニーのママ
チェリーのママ
ドーソンのママ
フーママ
ジンジャーのママ
まめのママ
タズのママ
uniのママ
トップキャラクター
トップキャラクター www.top-character.com ボストンテリア
(c)TopCharacter